ねんどできれいになろう

ボディクレイをもっと自由に使いこなすヒント
   (基本的な使用法はパンフレットに)

ねんどのソープ ねんどと石けんのふたつの力で汚れを落とす。
顔、からだ、髪用に開発しました。

それだけでなく、衣類の染み抜きにもとても有効。特に油汚れ、タンパク質(血液など)の汚れに。
デリケートな衣類の洗濯にも。
洗濯物がいつまでも柔らかく、固くならない。

ねんどのフェイスソープ クレンジングなしでOK
ぬらした顔にクリームのようにつけると滑らかによくすべるので丁寧にマッサージしてから、水またはぬるま湯で泡立てから濯ぐ。

ねんどのリンス 石けん系シャンプー用の酸性リンス。
トリートメント効果も大きいので 固形石鹸での洗髪やヘナの後にも。
クエン酸を少し足して、よりさっぱり系に。


ねんどの入浴剤
 ねんどの働きで入浴剤としてもユニークな効果がある。
アトピーや乾燥肌、痒い肌に。
また、入浴後の急激な肌の乾燥を防ぐ。
お風呂掃除が簡単。
残り湯で洗濯すると衣類がソフトに仕上がる。


ねんどのクリーム
 ボディクレイのなかで一番保湿力がある万能アイテム。
パックにも。
もっと保湿が必要な場合はオイル等を加える。
ローション等に少し混ぜて乳液に。
酸性水と混ぜてリンスに。精油をブレンドして虫除けや治療用クリームに。
これを基材にすると簡単に手作りコスメができる。

●ピーリングクリーム(ゴマージュ)に。
市販のピーリングクリームの広告を見る度に、ボディクレイでやる方がもっと効果的と思うのでご紹介します。洗顔で取り切れない汚れや老廃物をしっかり落とせます。
ねんどのパック、スキンミルク、入浴剤、シンプルジェルで
ボディクレイを厚めに塗った後に,オイルをぬって,やさしくマッサージ。老廃物を吸着したねんどがポロポロと落ちる。お湯で洗い流せる。

ねんどのローション・ ミルキーローション=クリームやスキンミルクと混ぜて乳液に。
精油を混ぜて虫除けスプレーに。(ただし、粘土分が少ないのでオイル分は乳化しないので、使う時によく振って分散させること。

ねんどの日焼け対策紫外線反射剤 超微粒子の酸化チタンとウイルス並みの微粒子のモンモリ ロナイトとで紫外線を反射させている。
反射剤の白浮きを抑え、肌に馴染みやすくするには、 ローションやミルキーローションなどと混ぜて使う。
● 粉おしろいやミネラルの色粉を入れて ファンデーション代わりにアレンジも可能。

ねんどのハミガキ歯みがきだけでなく、マウスウォッシュにも。口内炎や口腔内の怪我にも。
虫に指された時のかゆみ止めにも。ミントが配合されているので効果的。

ボディクレイを使って簡単手作りコスメの例

●虫除けクリーム=ねんどのクリーム大さじ2(30g)に アンティモスキートの精油を6〜10滴
●痒み止め、しわとりに=ねんどのクリームにラベンダー、ゼラニウム,ローズウッドを各2滴
●痒み止め、消炎クリームに。=ユーカリレモン、ラベンダーを各3〜4滴
      (精油1滴は0.05ml)


 SORAホームページ http://www.organic-sora.com

   お求めは、SORA 通販

   ご質問はSORA 掲示板
by organic-sora | 2010-09-06 17:48 | ボディクレイ


<< ボディクレイに新商品 ヘナとねんどの学習会 >>