《台所の憂愁を払拭する道具》

毎日新聞の日曜版に。建築家の中村好文さんが「暮らしを旅する」 と云うコラムを書いていらっしゃいます。
いつも楽しみに読んでいるのですが、2011/05/15の記事は、
《台所の憂愁を払拭する道具》
これは、ぜひ皆さんにも紹介したい、と思いました。
わたしもこの《台所の憂愁を払拭する道具》を愛用しているし、いまやSORAのアイテムにも加えているからです。

彼が、その小さな台所道具を見かけたのはパリの友人の部屋のテレビでした。
そこで偶然目にした料理番組で、料理人が手にした道具とその使いこなしぶりにすっかり魅了されるのです。
その道具とは、かまぼこ形をした乳白色のヘラ、と書いてあるので、どうやらスケッパーのようです。
私が使っているスクレーパーとは少し形態が違います。e0159741_18335526.jpg
うちにもスケッパーはありますが、我が家では、パン作りに登場するくらいで、このコラムの使い方だとスクレーパーの方がより使い勝手はいいはず。
もっとも、スクレーパーでもデザインがちがうとこういう使い方はできないかもしれませんね。

ーーー
料理人はペティナイフを使ってニンニクを素早く薄切りし、パセリやタマネギをみじん切りにした後、右手に持ったこのヘラと左手のたなごころを使ってそれらを順番にちり取りのようにまな板からすくい取って、フライパンとナベの中に放り込みました。かとおもうと、ボウルで溶いた卵をどろりと流し込んだ後で、ボウルの内側に付着しているぬめりを今度はヘラのカーブを使ってきれいにこそぎ取って、これもフライパンに入れました。
更に、料理人がこの樹脂のヘラを使ってまな板の上にうっすら貯まっている水をサッと払いのけた瞬間、私の胸の中のモヤモヤが雲散霧消したような気がしました。(略)
(・・パチパチ、、、そうなんです。この水をサッと、できるところが最高。)

その日の午後、わたしはさっそくこのヘラを買いに、パリの東急ハンズともいうべきBHVに出かけていきました。
ーーー
これを読みながら、ついニヤニヤしてしまいました。
我が家では、昔から、キッチンスクレーパーを まさにこんな使い方をしています。
よそにいって台所を手伝ったりする時、これがないと、かなりやりづらい思いをします。まさに、彼のいう台所の憂愁。

もしお持ちでなかったら、絶対お勧めしたいです。

スクレーパーでボウルやお皿に付着している汚れはきれいにこそぎ取れるので、後は、竹布のキッチンクロスで拭うように洗うと、石鹸や洗剤がなくても食器をきれいに洗えるんです。
竹布の布巾は 天然の抗菌作用があるし、油汚れもつきません。
ね、台所の憂愁は、さっぱりと雲散霧消するでしょ。


ついでに、これと竹布のキッチンクロスと併用されているユーザーからいただいたカスタマーレビューも紹介。

竹布の布巾
・・まさに目からウロコの商品です!
以前から気になっていたのですが、なかなか買う機会がなく今回ようやく購入しました♪
さっそく夕飯後に家族3人分の食器を洗ってみたのですが、最後まで1滴の洗剤を使うことなく片付いてしまいました。
油の付いたお皿も沢山あったのにこんなにも汚れが落ちるなんて・・・!
(洗い終わったお皿を触るとちゃんとキュッキュッていいます)
今まであんなに使ってた洗剤は何だったんだろう・・・。
皆さんにも是非使ってもらいたいです!
毎日の簡単な食器洗いなら洗剤を使わずに竹布とキッチンスクレイパーだけで充分汚れは落とせます!
無駄に洗剤を使わずにすむのでお財布にも地球にも優しい!
本当に目からウロコが落っこちるかと思いました・・・。

キッチンスクレーパー  ¥347  竹ガーゼの食器洗いとのセット ¥630
ご注文 :オーダーサイト
SORA  :ホームページ

SORAツイッターorganic_soraをフォローしましょう  川内 たみツイッターtami_kawauchiをフォローしましょう
アカウントをうまく使い分けできなくて個人的発言ばかりになってます。すみません。
by organic-sora | 2011-06-06 18:46 | キッチン


<< 7月のお知らせ 2011/05/24 お知らせ >>