ナトリウム・モンモリロナイトについて

 ブログ「きょうの空」http://www.organic-sora.com/topics/topics.cgiにもモンモリロナイトについて書いていますが、また。

最近、粘土の話題が、時々 新聞やネットのニュースに登場します。
モンモリロナイト(とその仲間の粘土)は、有害金属をその結晶に取り込むので除染にも使われています。
また、粘土質の多い田んぼで採れた米には放射線物質が入りにくい、と。
これは、この粘土が有害物質を取り込むけれど、それを放出していない、粘土自体は汚染されても、外
部に流れ出したりしない、と云うことでもあるようです。
油分は毛細管現象で取り込まれるので、結晶の中には入っていってないのだそうです。

こういうメカニズムがハッキリするにつけ、ますますモンモリロナイトのすごさに驚いています。

ボディクレイでは、常日頃、粘土学者や専門家にいろいろとご教授いただいていますが、現段階では肌との関係に特化した研究者はいらっしゃらないようなので、肌に粘土がどのように影響しているかのメカニズムは科学的にはわかっていません。
でも、粘土科学研究所以来20年以上もこの仕事をやってきて、経験的に「モンモリロナイト」は肌のみならず、命にとって非常に協力的な物質であることは疑いないと思っています。
化粧品として販売してはいますが、いわゆる化粧品の範疇には収まらないものではないかと。

来週(2/8)、モンモリロナイトの研究者として高名な鈴木啓三元北大教授にお会いすることになっています。
またまた、驚きの話が聞けるかも。楽しみです。
by organic-sora | 2012-02-01 18:22


<< ナイアードより 最強の乾燥対策 >>