夏のお薦め。ガスールとヘナ

〜モロッコの大地が生んだ,肌を潤す粘土〜ガスール 
e0159741_15343195.jpgガスールとはベルベル語で to clean の意味。モロッコでは伝統的に石けん代わりに顔、髪、体を洗うために使われています。

ナイアードのガスールは、自社の工場できれいな水を使って清潔に作られています。粘土100%のシンプルなレシピ。

世界一古いアトラス山脈のふもとで採った原石を 一度水につけて泥状にして、もう一度天日で干したものが固形タイプ、それを粉状にしたのが粉末タイプです。

夏、日焼けした肌のケアには,ガスールのパックもお薦めです。
肌の火照りを押さえ、豊富に含まれたミネラルが、日焼けでの乾燥をしっとり潤します。


e0159741_15363477.jpg素材100%混ざりものなしの
ナイアードのヘナ

ヘナの原産地は暑いインド。日本でも温度の高い夏はヘナが髪のケラチンと結びつきやすく、時間も短くてすみます。
またヘナは 髪を紫外線からまもる働きもしてくれるので、髪の傷みも防げます。

ヘナ+10種のハーブ ヘナに加え、シカカイやアムラなどインドや中東で伝統的に髪に使われてきたハーブが10種類も配合されています。

その働きで1段と髪がツヤツヤになります。髪や地肌の保湿、トリートメント剤としても優秀です。

白髪の部分はヘナの色(赤褐色)に染まりますが、黒い髪には色はつきません。(ヘナは髪のタンパク質、ケラチンと結びついてはいるのですが 目立たないのです。)

ヘアパックやトリートメント目的に使用する場合は、染毛と違い、時間は短くても十分効果はあります。
by organic-sora | 2013-08-06 16:43 | ナイアード


<< ナイアードのものづくり展 オーガニックバージンココナッツ... >>